快適手帳生活

携帯派?

ノート携帯電話は持っていない人の方が少ないくらい普及していて、肌身離さず持ち歩くものです。

自宅に忘れて出かけると落ち着かなくて、何も手につかないくらいになってしまいます。

携帯電話は手帳と同様に大事なものですが、様々な機能がついていて、手帳代わりになりそうなのですが……。


スケジュール機能

携帯電話にはスケジュール機能が付いていて、次の年のカレンダーも見ることができますね。カレンダーには予定を書き込めるようになっていて、予定に合わせたアイコンも用意されています。誕生日や記念日、約束の日や会議の日など自由に書き込め、その日がきたらアラームを鳴らすようにも設定できるので、予定をうっかり忘れるということもないでしょう。

メモ機能(音声メモ)

携帯電話にはテキストメモの機能が付いています。ちょっとしたことを打ち込んで保存しておくことができますし、音声メモを使うと、口で話していることがそのまま録音されます。

録音時間の制限がありますが、ボタン1つで録音するころができ、何度も繰り返し聞くことができますし、携帯電話に文字を打ち込む手間が省けます。

手帳とどっちが便利?

それでは、手帳を使うのと携帯電話を使うのでは、どちらが便利なのでしょうか。手帳にもレフィルを使って持ち歩くことができる電卓が、携帯電話には機能としてついています。

どちらもアドレス機能もあり、スケジュールを管理でき、メモすることもできるのですが、携帯電話ではパソコンのように文字を一気に打ち込むこともできず、ちょっと煩わしい面があります。

携帯電話また、データのバックアップをとっていなければ、何かの拍子にデータが消えてしまうという恐れもあります。

その点、手帳だとすぐに取り出して書き込むことができ、紛失してしまわない限り書いた内容が消えることもありません。

ただ、携帯電話はアドレスの管理が簡単です。手帳は名前や電話番号、住所を書く必要がありますが、携帯電話だと赤外線通信で簡単に行うことができ、アドレスのデータが飛んでしまっても困らないように、アドレス帳のデータを預かってくれるサービスも行ってくれます。そういう点では手帳よりも携帯電話の方が便利かもしれません。

現在の携帯電話のほとんどにカメラ機能がついていて、テキストメモと併せて資料として画像を残すこともできます。辞書機能もついていますので、分からない言葉や文字を調べることもできます。

やはりネックなのは、全てのデータをバックアップしておかなければ保障がないということ、文字を打つ煩わしさがあるという面では、手帳の方が便利かもしれません。

使い分ける

どちらも一長一短で、良いところもあれば不便なところもあります。いずれにしても、携帯電話も手帳も肌身離さず持ち歩くものですから、不便なところを補い合いながら、上手に使い分けていけばいいのではないでしょうか。

また、仕事で使うのは手帳で管理するようにして、プライベートなことは携帯電話で管理するなど、目的や状況に合わせて使い分けるという手段もあります。ただ携帯電話を持っていて、付属している機能を全く使いこなしていない人も多いようですので、どちらも上手に使っていければいいのではないでしょうか。

実際、携帯電話のアドレスを預かってくれるサービスを知っている人は少なく、付属している機能を確認してもらって初めてそういったサービスがあることを知ったという知人も何人もいるのです。テキストメモも音声メモも、手帳と併せて使うととても便利です。

アドレス帳

昔まだ携帯が一般に普及していなかった頃、多くの人がアドレス帳を持ち歩いていたと思います。今のような携帯電話・スマートフォン+アドレス機能ではなく、公衆電話+アドレス帳でした。ですからいつもかける電話番号は自然に暗記してしまって、こと電話番号に関しては今よりも頭が使われていたと思います。今私はアドレス帳を携帯せず、携帯電話+アドレス機能で生活しています。しかしたまに不便なことが2つあります。1つ目は携帯で話している相手に、他の人の電話番号を聞かれたときです。通話しながら携帯やスマートフォン内のアドレス確認をする方法があるかとも思いますが、滅多にそういうことは無いので覚えていません。一旦切って番号を調べてから掛け直します。たとえ方法があっても、もしアドレス帳があれば、それを見てすぐに回答ができます。もう1つは携帯やスマートフォンを忘れて外出してしまったときです。誰かに電話したいときに番号が分からず困ってしまいます。やはりアドレス帳は便利かも?