快適手帳生活

プリクラ手帳

ノート若い世代なら誰でも持っているプリクラ手帳。略してプリ帳とも呼ばれています。

プリクラは中高生を中心に爆発的に人気があり、友達同士でもプリクラを交換し、その枚数の多さを競っている部分もあるようです。

プリクラ手帳は何度も貼ったり剥がしたりできるようになっています。


プリ帳の流行

友達の証として友達同士でプリクラを交換し、プリクラ手帳に貼ることが流行し、現在ではそれが当たり前のことになっています。

貼っているプリクラの枚数が多ければ多いほど、それがステイタスのようになっています。気軽に撮れて、画像に文字を入れたりスタンプを押したりする加工ができることから、友人同士ででかけるたびにプリクラを撮り、それを管理する必要性から生まれた手帳です。穴が開いていて、システム手帳に綴じることもできます。

プリ帳代わり

プリクラ手帳は比較的小さいので、莫大な数のプリクラを持っている人は何冊あっても足りなくなってしまいます。そこでB6サイズ(B5ノートの半分のサイズ)のノートやメモをプリクラ帳代わりにしている人もいます。

紙なので1度貼ったら剥がすことはできませんが、プリクラの周りにコメントを入れたりして楽しんでいるようです。色んな色のペンで書き込むことで、ただのノートやメモが華やかになって、プリクラを並べて貼るよりも、こうして使っている人の方が多くなってきています。

女子高生のカバンの中には携帯電話と共に、必ず入っているアイテムになっています。

プリクラ

ここでちょっとプリクラのお話しをしましょう。

プリクラがはじめて登場したのは、1995年7月です。正式名称は『プリント倶楽部』と言い、アトラス社とセガが共同開発したものです。

ティーンズアミューズメントパークを中心に設置されましたが、設置当初はすぐに人気の出るものではありませんでした。やがてフレームをつけてプリントされたり、ペンタブレットを使って好きな文字を入れたり、模様が入れられるようになるなどの改良がなされ、女子高生を中心に爆発的なブームとなりました。

他メーカーからも続々とプリントシール機が登場し、顔がきれいに撮れる美白効果のあるものや、全身を映せるものなど、多彩な機能を兼ね備えたものが大人気となります。

撮ったプリクラを携帯電話に転送するサービスもあり、プリクラをそのままネット上で公開したり、様々なオーディションに参加することも行われ、人気に拍車をかけることとなります。

ネットで管理

現在、持ち歩きのできるプリクラ手帳とは違い、ネット上にプリクラ手帳を作り、そこに撮ったプリクラをアップすることも行われています。ツールを使ってプリクラをデコレーションするのも流行っています。プリクラをデコる素材を配布しているサイトも数多くあり、人気があるようです。

ただ1つ注意しなければいけないのは、ネット上にアップするということは、不特定多数の人が閲覧するということです。 インターネットというものは、ネット上にアップすると数多くの人が閲覧します。もちろん日本に限ったことではなく、世界中に発信しているということを忘れないようにしましょう。そこにプリクラをアップするということは、自分の顔を世界中に発信しているということです。

よく、中高生が携帯電話で個人サイトを開設し、親しい友人にしかサイトのアドレスを教えていないから大丈夫と思っている人もいるようですが、そうではありません。教えた人しか見ることはないという考えは間違いです。プリクラだけではなく、ネット上に個人が特定できる情報をアップするのは、それなりの覚悟を決めてアップしましょう。

個人情報を世界にばらまいていることと同じだという事実を把握しておくことです。 できればプリクラは、プリクラ手帳で管理していきましょう。