快適手帳生活

電子手帳

ノート電子手帳は、一見電卓と見間違いそうな手帳なのですが、筆記用具のいらない手帳で、機能的な付加価値のついた手帳です。

1980年代から1990年代にかけ、ビジネスマンをターゲットに発売されていました。

電卓機能やスケジュール管理、アドレス帳などが内蔵されていて、目的のものが一発で表示できることから、手書きのメモのように、必要なページを探す手間が省けます。

電子手帳の使い勝手

紙もペンも必要なく、いつでもポケットやバッグに入れておいて、必要なときにすぐに取り出せる手帳として発売されたのが電子手帳です。発売当初はアドレス帳としての機能しかありませんでした。

ですが、出先から電話をすることの多いビジネスマンにとって、名前や電話番号を管理できる手帳として使われていました。次々と高機能がつけられた電子手帳が登場しましたが、本体の小型化に伴い、メモリーの限界が生じました。

デメリット

電子手帳を使っていても、パソコンや他の情報機器との通信機能が搭載されていないため、その連動性に欠けており、データのバックアップもとれないため、落としたりぶつけたり、雨などに濡れて、入力してあるデータが失われるという危険もありました。

持っていると恰好いいという時代もありましたが、思ったほど便利なものではなかったのです。

電子手帳の衰退

電子手帳の不便性が囁かれる中、情報を管理しやすいシステム手帳の普及により、その地位を取って代わられました。

電子手帳よりもシステム手帳の方が使い勝手がよく、レフィルを差し替えて長く使えることから、年齢層に関係なく人気が出て、やがて携帯電話が普及し、アドレスの管理やメモ機能、電卓機能もついていることから、すっかり電子手帳は衰退してしまいます。PDAなどの携帯情報端末の登場により、電子手帳の地位は壊滅的になってしまいます。

それでも細々と市場で頑張っていましたが、1990年代後半から、それまでほとんどオフィスでしか使われていなかったパソコンが一般家庭にも普及しだし、パソコンとの連携を求めるユーザーが多い中、情報端末へと嗜好が移り、これまで電子手帳を生産していたメーカーも、電子辞書や電子翻訳機へと主流を変えざるを得なくなってしまいました。

ビジネスマン向けから子供向けに

現在、電子手帳の主流と言えば、子供向けのものになります。

電子手帳そのものではなく、携帯用ゲーム機のソフトとして販売されており、時間割やスケジュール管理ができるようになっていて、日記もつけられるようになっています。

システム手帳ミニゲームを搭載していたり、キャラクターとコミュニケーションをとったり、専用の通信機器を使って、手紙の交換やプロフィールの交換もできるようになっていて、ちょっと大人ぶってみたい小学校低学年には人気があるようです。お小遣い帳、アラーム機能などもあり、ロックをかけることもできますので、自分しか開けないようにもできます。まさに、子供が大人ぶりたい、ちょっと背伸びをしたいアイテムの1つとして人気が出ない方がおかしいかもしれません。

中には、システム手帳と合体させたような子供向けの電子手帳も発売されています。子供向けにデザインされたシステム手帳に、カード型の電子手帳がついているもので、機能は時間割やスケジュール管理、ゲーム、通信機器を使ってのメール交換など、19種類ものコンテンツが搭載されています。

大人でも欲しくなるような機能が満載です。子供には勿体無いと思えるのは大げさでしょうか。